浮遊完。

キモオタのキモオタによるキモオタなブログ

【感想】どこまでも美しい恋ーやがて君になる

こちらのページを開いて頂きありがとうございます。ねこめしです。

最近色々なソシャゲに納税してたら中途半端に余ったので電子書籍デビューしました。

その時購入した本が面白かったので紹介させて頂きます。

f:id:dai_zin:20170824030051j:plain

目次

1はじめに

こちらの漫画は同性愛を題材とした作品となっています。

今までの私のイメージとしては同性愛を題材とした作品はゆるゆり、桜トリック、きんモザ…などの女の子達がただイチャイチャするだけというものだったのでこちらの作品には少し驚かされました。

 

以下の内容を含むのでご注意ください

・ネタバレあり

・性的な内容を含む

 

2同性愛も一つの愛の形である

「誰のことも特別に思えない」ことを悩んでいる高校一年生の小糸侑が同じ悩みを持つ高校二年生の七海燈子に生徒会に誘われる所から始まる。

侑は同じ悩みを持つ七海先輩に親近感を覚えるが一転して七海先輩は「きみのことを好きになりそう」告げる。

 

出会って5秒で合体…を思い出す速さの百合宣言。これには百合厨も困惑です。

これだけ見ると七海先輩見境ねえなと思われますが、好きになったのにもちゃんとした理由があります。

 

七海先輩には本編の七年前に優秀な姉がおり、他界してからはその姉のように優秀で愛想の良く振舞って周りに嫌われないように生きてきました。

だからこそ誰も特別に思えない、誰もを平等に扱うことができる侑に興味を持ってしまったのかもしれません。

 

…それでも少し強引な気がしますがそこは百合の力ということにしときましょう。

 

お人好しな侑は七海先輩と先輩後輩以上の関係を持っていくことになります。

話数を進めるに連れてただのお人好しだけで行動しているのではない自分の気持ちに違和感に気づいていくことになります。

 

侑が七海先輩と同じ「好き」という感情を理解するというのが「君になる」なのかもしれません。

3より美しさを際立たせるイラスト

何と言ってもイラストがとても美しい。

f:id:dai_zin:20170824030143j:plain

表紙から眩さを感じさせます。

この少し大人びたようなタッチだからこそ同性愛というものをより美しく見せているのかもしれません。

 

 

4あとがき

好きになるというのは決して異性との間だけのものではなく…自分を維持するためなら同性でも不思議なことではない.....新しい百合の良さを教えてく、好きになるとはどういう事なのかを考えさせてくれる素晴らしい作品でした。

現在はこちらで1巻程度の内容が無料で読めるみたいです。

comic-walker.com

現在は4巻まで発売しているので興味を持った方は購入を検討してみては如何でしょうか?

 

www.cmoa.jp